×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年5月24日 タミヤグランプリ東京大会 レースレポート
(参加者:シンタロー・おだち、クラス:GTチャレンジ G-1、シャーシ:TA05 IFS)

いよいよ今年も、タミヤGP全日本に向けてシーズンイン!

レース前週の静岡ホビーショーでレギュ発表があり、09年もGT3700クラスで挑戦することに決定!
しかし、ボディ制限が去年よりも厳しくなり、的を絞ったテストが必要かなあとおだちと相談していました。

そして、「実戦こそ最高のテストの場である」ということで、今回のレースで色々テストしてきたのでした。
…就活中のおだちにエントリーを強要して(爆)


ということで、慌ててやっつけ仕事で2枚準備。
07NSXとGTR。いやあ、やはりみかん色は見やすいですなぁ(笑)
しかし、GTRもリップを黒くしとけばよかったです。なんせこのボディ、でかいです。

[朝練〜予選1R]

前日、例によってROCKWAVEで練習し、相変わらずIFSは好調をキープしてることを確認。
『今回はデータ取りますよ!』と就活を一時的に放棄させられて拉致されたおだちもノリノリです(笑)
そんなわけでこの日は2人とも、まったく別のセッティングで走ってみました。

そして練習。前日同じレイアウトでミニが走ってるのもあり、朝から非常に路面が良好。
2人ともそこそこの手ごたえを感じながらいよいよレースを迎えます。
ちなみに練習の状態見てセットを変更。タイヤを替えてみました。

今回はシンタローが12レース、おだちが15レース目と3レースの間があったので、予選からクルマだし&動画撮影もばっちりできました。
まさにデータ取りのためのレースになりました。

そしてまずはシンタローが出走。
2.4GHzではない宿命で1回目は前列スタートなのでとりあえず記録を出したいところです。

そしてスタート、1周目はうまく抜けられず5番手。まずい、と思いましたが上手く抜けて何とか3周目にトップへ。
クルマが非常に走る、何も考えずに必死に走り、トップをゲット!
とりあえずここまでの暫定トップタイムです。その後、おだちのヒートまで抜かれることなくトップをキープ。
ちょっとドキドキしてましたが、やはりこの男、やってくれました!

シンタローと同じく前列スタートから1コーナーがっちり押さえ、ノーミスで2分ちょっと暴れ気味のクルマを押さえ込み、シンタローのタイムをコンマ6秒更新!

なんとこの結果…

予選1回目終了時点で、なんとTeam S.E.が1−2独占!!!

おだちと2人して…

ああ、今日はもう、いいか、

とちょっとだけ言っておりました(笑)


見よ!このちょっとした奇跡!(爆)
し、シブすぎる・・・\(◎o◎)/!
もうこの時点でちょっとおなかいっぱい(笑)

[予選2R]
もう1回目の結果である程度満足したので、なにもせず2回目に…
そんなことをおだちが許すはずもなく(^_^;)とりあえずまたまた違うセットを試すことに。
この日2回目のタイヤ交換。まさか3回走って3回ともちゃうタイヤつけるとわ。

ちなみにお向かいを見たらおだちはタイヤを貼ってました
貪欲さ=速さでしょうか(笑)

そんなことを考えながら2回目。まずはシンタロー。直前のヒートで走ったtako3選手は9週5秒!
とりあえず予選では前に出られることが確定、と気をよくして操縦台へ上ります。
後列ながらスタートで一気に抜けて2周目でトップに!
でしたがタイヤ変更が裏目に出て1回目と比較して、ダメな方向に動きが変わってしまいました。
しかもミスってしまい1回目のタイムを更新ならず。
おだちも後列からごちゃごちゃに巻き込まれて…グイグイ上がっていきますね(・_・;)
結果、1回目のタイムの1秒落ちまで巻き返してヒート2位!なんだこのハイペース。
そして、路面は上がってるみたいなんですが、意外と周囲のタイムはあがらず、
最終的に予選は
おだち TQ獲得!
シンタロー、4位!

やりました、1−2こそ逃しましたがWでAメインです。
東京にきてからは初ポールですなあ(^^)

とにもかくにも、決勝に向けて上がるテンションを押さえ切れない2名でした。

 
この日の2台のIFS。
ちなみにセッティングは全然違います。
今回は目標どおり、データをいっぱい取れたレースでしたね。
実戦こそ最高のテストの場、とはよう言うたもんです。

[決勝Aメイン:5分レース]

1−4番グリッドからのスタートですが、それはそれはもうえらいメンツです。
ちなみに決勝もセット変えてます。シンタローは本日4種類目のタイヤを組み付けて決勝へ(^_^;)
まあ、ダメならダメでしょうがない!今日はテスト、ということで割り切って非常にリラックス。
おだちも同じくあまり緊張せずに決勝を迎えられた模様です。

おなじみの選手紹介でうやうやしく操縦台へ上がり、いよいよスタート!

おだちがスタート成功し、2コーナーでいきなり2番グリッドの選手が吹っ飛び、そのスキにシンタローが2番手へ!

なんと1周目、1−2体勢!\(◎o◎)/!

しかし、一瞬パイロンを踏んでチャマ選手に刺されて3番手に。その間におだちがもうブッチ切り状態。1分経過時点でなんと4秒のアドバンテージ。
シンタローはやはりタイヤ変更で攻めた分、ラップは速いのですがいつものオヤジ走りができないくらいクルマが暴れる(・_・;)
逆に後ろからハイペースで攻めてくるtako3選手の姿が視界に入ります。

しかしレースは思っても見ない展開に。
この日の周回遅れはまったくどく気配がない!もう細かいことは2chみてくれ、って感じなので省略しますが、おだちが3回吹っ飛ばされ、一気にポジションを下げてしまいます。
これでトップがチャマ選手、2番手シンタロー、3番手tako3選手、4番手おだち、5番手には最後尾から上がってきたセト選手、6番手にナムラ選手という大荒れの展開に。
その後、2番手キープして走ってたら、チャマ選手も周回遅れにつかまってるのが見え、差が詰まるのがわかったんですが単独ミスしてしまいtako3選手に交わされてしまいました。
その後、シンタローは3番手、おだちが6番手で落ち着いたかと思ったんですが、なんと残り30秒で周回遅れのマサト師匠選手(あ、この日勝ったから次負けるまで俺が師匠ですが/笑)にきれ〜に回されてしまい、カベにスタック。結局これでナムラくんに抜かれてしまい4位でゴール。おだちも6位のままゴール。
結果だけで見ればちょっと不完全燃焼でしたが、2人ともに「本番に向けていいレースできたなあ」と手ごたえを感じでこの日のレースを終えました。

なお、決勝終了後におだちは後ろのテーブルに座ってた方から「決勝応援しながら見てたよ!悔しいなあ!」と話しかけられて、嬉しいやら悲しいやら非常に複雑な表情をしておりました(笑)。

[今回のレースを終えて]

今年は代表権獲るぞ!

以上!
意味なくテンションあげていこうと思います!

Text & Photo By Shintaro Engineering