×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年3月21・22日 タミヤグランプリ東京大会 レースレポート
(参加者:シンタロー、クラス:21日→ミニスポーツ/22日→ストリートチャレンジ G-1、シャーシ:M03M、TA05)

グリップせん状態でのレースは、おもしろくない

というのを前回1月の浅草で思い知らされ、とりあえずやりやすいカテゴリーでエントリーしてみました今回のタミグラ3DAYS。
3日中2日間参加できるということで、わたくしシンタローは2日目のミニスポーツと3日目のストチャレの2日間に参加することにしました。
しかし、初日はデジカメ電池切れにつきケータイカメラでちょっとだけ撮影。(しかも曇ってる)
2日目はいっぱいいっぱいだったのでロクに写真撮れずということで写真が少なめ。ということでサクッとレポのほうにいきます。
写真が少ないので2日間まとめてレポいたします。


初日はミニスポーツにエントリー。
まあ、わたしの車は言わなくてもわかると思いますが
いちばん手前においてあるみかん色のヤツだ
ちなみに、去年名古屋で走った頃から微妙に色が変わってます。
混ぜて調色してさらなるみかん色を追求する今日この頃。<さっさとレースレポを書け

[3/21(土) ミニスポーツクラス]

1クラス目はへさべさのミニクラス!
しかもM03では初のタミヤGP参加。しかし、掛川では良く走ったし、セットはブンさんに教えてもらったし、まあ一日楽しくやれたらいいかなあとか思っておりました。

この日はブンさん、tako3さんにテツさん、アキコさん夫妻&ヤスさんのライダーな皆様とご一緒させていただいたので一日楽しく過ごせました〜(^^)

まずは練習。とりあえずミニは良くわかりません!気を抜くとこけますがこのへんは攻めないチキン走りでなんとかする、ということで決定。
ミニはまあ、詳しいことはわかりませんのでコレでよいのです。ブンさんに「まあ、いいんちゃう?」というコメントもいただけたのでこれでOKです。
人数がめっさ多かったのでとりあえず、ヒマ。
翌日用のモーターメンテとかして時間をつぶします。

まずは予選1回目。
もうお馴染みの前列スタートです。2.4ギガですら前列ですね最近は。
予想外にスタートでいきなり抜けました〜(^^)
どうせ追いつかれるやろ、ペース的に。とか思ってたら誰も来ません。
というか1分経過したくらいで「オレンジ色のボディがトップで2番手に5秒差!」とかいうよく分からないアナウンスが聞こえましたが、
「多分気のせい。遅い。」と言い聞かせながら必死に走りました。途中アキコさんと数回遭遇しましたので、がんば!と励ましておきました(笑)

そんなこんなで2分が経過。

…なんとトップ取ってしまった(・_・;)
一回目終了時点でなんと9位!マジか!
しかしタイムは8周2分0秒。上は全員9周。9周に入れなければたぶんAメインは無いですね。

なんか、急に欲が出てきました。しかしやることがありません。ハイ。
大変そうなテツさんの横で、のほのんとしておりました(^_^;)

そして2回目。
まあ、後列なんで望み薄ですなあー、と思ってたらブンさんから指令が!

『九周みかんになるのじゃ』

いやいや、ムリポっす。とは言えず頑張りました(^^ゞ
後列スタートでしたが、インベタスタートなんでそのまんま1コーナーゆっくり通過したら…

あれ、トップ!?
そして、あれ!?また独走!?

1年分の幸運を使い切った感のある予選ヒートを満喫。
しかも途中スタックしたクルマを助けに走ったマーシャルを避けて走る余裕さ。マジか!?<自分が一番びっくり

そして…

九周みかんになったのじゃ

まさかの2回連続トップゴール。
後車検も17250rpm。セイタローが「モーターオタ、キモっ!」って言いそうな数字でパス。
たくさんメンテしましたが明日も壊さなければこのモーターで行くのが確定です。

そして予選結果は9位!予期せぬAメイン入りです。
こうなったらあとは無欲で走るのみですね。

そして決勝、ですが関東近辺のミニクラスで代表レベルのひとがぎょうさんいてるということ…
場違い感が漂う中スタート!スタート直後大混乱の中、5番手くらいまで上がりましたが、路面コンディションの向上のせいで180度ターンでコケるように…。
高速セクションの安定感とコーナリングスピードはかなりいい感じだったんですが、人間が対応できず残念ながら決勝も9位という結果に…無念です。
しかし、ツーリング以外のカテゴリでAメインに残れたのがなにより嬉しかったですね。
充実感を持って翌日のストチャレに臨むことができそうです。


予想外の好走を見せたシンタローのM03。
どれもこれもブンさんセットのおかげですが…

[3/22(日) ストチャレクラス]

2日目は本命カテゴリーのストチャレクラスです。
前回の大阪である程度いい感じのセットが見つかり、この日は打倒tako3!ということでヲガタさんと気合入れて臨む…ハズだったのですがヲガタさんが激務に巻き込まれ参加できず、ちょっと寂しくなってしまったのでした。

しかしまあ、ある程度の結果がほしいこのクラス。練習走行からきっちりtako3選手のチェックが入ります(^^)
おお、バネが…動きはいいなあナルホド…と早くも丸裸にされてしまいました(^^ゞ
ちなみにtako3選手はこの日はSX−4のボディでエントリー。こちらもかなりの手ごたえを感じている模様です。

そして予選1回目。
今回も前列なのである程度勝負かけていかないと…という気合が空回り(・_・;)スタートでいきなり後ろからはじかれて中段にうもれてしまいました。
気を取り直して3番手まで上がり、2番手を走るFDのM選手に追いついたもののキッチリおさえて走ってるので抜けません!
しかも2台でバトルはいってしまったのでペースが上がらず終了。
まずいです。この時点で20位。
やっぱ、昨日で運を使い果たしたか!?次は後列やしムリやろ…とか思いはじめましたが、
「前も後ろも関係ないナリ」(Wガタ氏)「名古屋みたいにもっかいやれ」(Nシ氏)あきらめんと頑張れ!とメールでみなさまに励まされ頑張りました!
予選2回目は昨日とまったく同じように1コーナーをインベタで回ったら2番手(^^)
このままトップ追撃しましたが前を走るK選手と1.5秒の差が最後まで詰まることはなく2番手でチェッカー。
しかし、タイムが良くて無事にこの時点でボーダーはクリアと思われる10周2分7秒をマーク。
tako3選手は10周2分6秒だったので予選こそ敗れましたが、ひとまず「勝負!」できる状況になり一安心です〜(^^)

そして予選結果は9位!無事にAメインに残ることができて一安心です。。。また9位か、と正直思いましたが(^^ゞ
ちなみにtako3選手は5位。2分6秒〜7秒に8人がひしめき合う混戦でした。


この日もボディはシルビアで行きました。
なお、画像がどこ探しても見つからなかったので仕方なくオートメッセのです(爆)

そして決勝。なんと12台切りでした。
前見るとサノタケさん、後ろ見るとチャマさんがいてまったく気がぬけないのは間違いありません。
しかし個人的な目標はあくまでtako3選手!

そしてスタート、しましたが中段が大混乱。自分も混乱の中、後方へ。
tako3選手がスタックしているのが見えましたが、前4台が大きく抜けて、5番手以降が近い間隔で連なってるようでした。
しかし、路面が上がって予選と動きがけっこう違います。
ローグリップの時は良かった自分の車も、決勝では少し動きが重く、厳しい展開になりました。
ブロックラインで淡々と走るのは良いけど、コーナリングスピードが遅くて前を走る車にプレッシャーを与えるのには向いてない動きでしたね。

最終的に5分を走り終えて、8位でチェッカー。
大きなミスを犯すこともなく走りきってこの結果だったのでかなり残念です(・_・;)
しかしtako3選手は序盤のスタックが響き10位。なんとか勝負には勝てたのでこの日はコレで良し!としておきます〜。

tako3さま、また今年も一年間勝負お願いします!

[今回のレースを終えて]

2日間で22ポイント稼いだぜイェイ

…ではなく、やっぱりグリップするカテゴリで1年間頑張る所存です。
ストチャレのクルマは年末に向けてもうちょい頑張らないといけないので、またセッティングをおだちに詰めてもらってめでたしめでたし!

<そろそろ殴られそうなのでまじめになりますm(__)m

Text & Photo By Shintaro Engineering