×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2008年5月25日 タミヤグランプリ東京大会 レースレポート
(参加者:シンタロー、クラス:GT3700 グレード1、シャーシ:TA05MS)

2008年3回目の浅草、オーシマ(ビギナーズクラス)と2人で参加してきましたー。
前回はブンさんと一緒に参加した「TRFファンミーティング」でタイヤも全員同じ500円タイヤだったので、同じ条件だと1月のROX以来。

朝6時に出発し、少し小雨の降る中浅草まで渋滞無く1時間で到着。
前日のROCKWAVEでの練習では良く走ったのですが、1月のまったく食わなかった思い出が頭から離れず、不安でしょうがなかったのですがー

練習走行でフルグリップ

いやー、要するにM2ラジアルつけただけなんですが、もう絶好調でした(笑)
むしろ曲がらんことを想定して持ってきてたのでセットをおとなしくなるように変更。
もしかして、いけんちゃうか!?と淡い期待を抱きながら予選一回目へ…


ともに好調だったオーシマ05とシンタロー05MS。
オーシマ号のリヤボディマウントが異様に高いのは、ボディが塗り完アウディだったから…
勝てそうな位置だったんで、現地に来てから「NSXしときゃよかった」とか後悔してました(笑)

[予選一回目]

そして予選1回目へ。
まずはオーシマのビギナーズクラス。
1ヒート目は前列から生意気にぶっちぎり!(笑)途中ミスが何回もありながら予選3位につけます。
GT3700のグレード1は60人くらいのエントリー。
で、1レースは後列スタートでした。
この時点でトップは10秒97。2番手が11秒2。
スタートで上手く抜け出してクリアラップが取れました!
11秒07が出てこの時点でなんと2番手〜(^^)
グリップさえしてくれればそこそこ行く、とは思ってたものの上出来です。よかったよかった。
この後のヒートでtako3さんがさすがの11秒03!出して1つ順位を下げましたが1回目終わって3位。いやー、久々の好結果です。
自分としては、ラインでまだ詰めれそうだったので、2回目に期待です。

とりあえず、2人とも恐らくAメインは大丈夫やろ、という位置につけられたので安心して2回目に臨むのでした。


初めて浅草でまともに走ったNSX。
予選一回目3位はまわりをあっといわせたとか言わないとか。

[予選二回目]

で、予選2回目。
就活でこっちに来てたセイタローが見物に。
動画をおーしまに撮ってもらってたんでそれを見て、車はかなりよいことを確認。
こんどは前列。1周目から上手くトップで帰ってきたのですが、1回目より動きが少し悪いです…。うーん。タイヤは新品時が一番良くて徐々に下がってくみたいです。そんなわけでタイムアップならず。
タイム的にはAメインには余裕で残れる11秒22が出てましたのでそんなに心配はしなかったんですが、2人上がってきて5位で予選終了。
とにもかくにもAメインには残れたのでこっからです。

ビギナークラスに参加のおーしまは…後列から1周目トップという奇跡的な走りでしたが、
アナウンスに動揺してカベに叩き込んでリタイヤ(・_・;)
しかし1回目の記録で余裕の7位でAメイン。

とりあえず、2人ともAメインだったので気分よく決勝の準備に入りました。

[決勝]

まずはビギナーズから!
セイタローがクルマだしを担当。オーシマが「おいキムチ野郎(寮内でのセイタローはなぜかこう呼ばれている/笑)、スイッチ入れろよ」だそうです(笑)
そんなわけで、シンタローはコースサイドからカメラを構えて決勝を見守りました。

そしてすたーとー

1周目にアウディ(塗り完)が足元に突っ込んできました

途切れる動画(笑)
ええ、それはそれはすばやい動作で復帰させましたよ。わざとか!とか思いながら(^^ゞ

いやー焦ってもう終わったな、とか思ったらクルマが速いのをいいことにがんがん抜いていきます。
最終的に3位を目前に4位でゴール。満足げな顔がちょっとハラ立ちますね(笑)

そして自分の番。3700のAメイン!

スタートでちょっと接触、後ろから回されてしまい、その後は前の車をなかなか交わせず、焦りからミスも出て最終的に8位でチェッカーとなりました。
ですが、東京来て初めてAメインでそれなりに戦えるペースで走れたことは大きな自信になりましたね。

[今回のレースを終えて]

いよいよ全日本シーズン到来ですが、まずはAメインに入れてよかった、というのが本音ですね。
いろんな路面のタミヤGPを今年は走ることになりそうですが、一番苦手意識のあった浅草をクリアできたことは大きいと思ってます。

そして、くるまも色々と考えてることもあるので、まずは練習ですね〜。

Text & Photo By Shintaro Engineering